ジェルネイルの種類について

ジェルネイルは今や女性のおしゃれには欠かせないアイテムとなっています。
こちらではジェルネイルの種類についてご紹介致します。

ハードジェルとソフトジェルの違い

ジェルネイルは大きく分けると2種類あります。「ハードジェル」と「ソフトジェル」の違いがあり、基本的にはジェルの固さが違います。

● ハードジェル

ジェルネイルが誕生した頃に頻繁に使用されていたものです。固さと強度があるので、スカルプチュアネイルなど、長さを出したいネイルに向いています。抜群の透明感と装着感が軽いという事で長く親しまれてきました。しかし、その反面オフをする時にファイルで削って落とすのに時間がかかる事、自爪を傷つけるリスクもあります。ネイルサロンによっては、ソフトジェルの強度を増すためにコーティングとして使用する場合もあります。

● ソフトジェル(ソークオフジェル)

ほとんどのネイルサロンで使用されており、現在ジェルネイルの主流となっているものです。
ソフトジェルは専用のリムーバーで簡単にオフする事ができます。その手軽さや自爪をあまり傷つけないという事で、日本では一気に広まりました。柔軟性があるので折れたり欠けたりする心配がなく、ハードジェルで使用するプライマー(爪とジェルネイルの接着度を上げるもの)を使用しないので変色などのトラブルも防げます。

またソフトジェルには、カルジェル・バイオジェル・アクセンツなどと細かく分かれており、これはメーカーが違うだけで、使用感にそこまで大差はありません。ネイルサロンでジェルネイルをする時には、ネイリストにどのジェルネイルが自分に合うのか相談するといいでしょう。

また近年では爪の健康を意識する傾向が強くなっているので、純来のジェルネイルよりも、さらに爪に優しいジェルネイルが登場しています。そのようなジェルネイルを扱っているサロンを選んで行くのもいいかと思います。

大阪府や堺市内でネイルサロンをお探しの方は、当サロンをご利用下さい。爪に優しいpara gelを使用しているので、安心してご利用頂けます。豊富なカラーストーンなどのネイルアクセなどを使用し、お客様の希望通りのネイルアートに仕上げていきます。価格も低価格になっていますので、ウェディングなど、特別なイベント時に是非ご利用下さい。