ジェルネイルの正しい使用期間

ストーンや様々なカラーできれいに仕上げたジェルネイルは、できれば長持ちさせたいものです。
しかし、爪の健康のことを考えるなら、ジェルネイルの使用期間を守るようにする事が大切です。

ジェルネイルが持つ期間

ジェルネイルは一般的に個人差はありますが、3週間前後持つと言われています。ネイルサロンなどで正しく施術をしてもらえば、艶感が損なわれる事なく、美しさが持続します。しかし、ジェルネイルが長持ちするといっても1ヶ月以上付けぱっなしは、爪の健康には良くありません。長くても約3週間を目安にメンテナンスするようにしましょう。そのままでいると浮いたところから水などが入りカビが発生します。この爪の状態は「グリーンネイル」と言われ、見た目も爪の健康状態も悪くなるので注意が必要です。

ジェルネイルを長持ちさせる方法

爪の扱い方によっては、通常の使用期間よりも早く取れてしまう方がいらっしゃいます。
爪のケアや取れてしまった場合の応急措置を知っていれば長持ちさせられます。

● ハンドマッサージ

爪自体の健康を良くする事は、ジェルネイルを長持ちさせる事につながります。
爪先や手先などのマッサージは爪の健康を促す事ができます。親指と人差し指で指先を軽くつまんで、ツボを刺激しながら挟むようにして、勢いよく離すようにすると血流が促進されます。
マッサージの際はクリームやオイルなどを使用して、潤いを与えながら行うのがポイントです。

● 爪の異変に気づいたら

ジェルネイルが取れる原因として多いのが、爪の隙間から空気が入ってきて隙間ができたり、横から亀裂が入ってしまう事です。取りたくなってしまうかもしれませんが、爪が傷むのでタブーとされています。
しかし、そのままでは爪も折れやすくなってしまうため、早めにネイルサロンに行く事をおすすめ致します。

堺市にある当サロンでは爪に優しいpara gelを体験する事ができます。自爪を削る事なくジェルを重ねるので、爪のダメージを防げます。フレンチ・ラメグラデーション・マーブルなど、様々なアートオプションをご用意しています。ウェディングやパーティ、オフィスなど、シーンに合わせてネイルデザインをお決め下さい。