【爪をキレイに保つポイント】

マネキュアよりもデザイン性に優れ発色がよく、美しさに加えて持ちもよいジェルネイルはとても魅力的です。しかしジェルネイルをする際、爪への負担も気になります。ここでは爪の健康とキレイに保つためのポイントを紹介します。

乾燥を防ぐ

主にタンパク質でできている爪は、肌と同じく乾燥に弱いです。爪には適度に水分を含んでおり、水分量が落ちるとひび割れてしまいます。冬に爪が割れやすいのはそのためです。美しい爪を保つには、顔や手足、体のスキンケアと同じように日々の保湿ケアが大事になってきます。乾燥の原因としては洗剤も考えられます。洗剤の刺激で爪の水分が失われるため、洗い物はゴム手袋をつける事をおすすめします。ハンドクリームを使う時は爪の保湿も忘れないようにしましょう。

甘皮を保護する

保湿する際、最も重要なのが爪の付け根部分の皮、甘皮と呼ばれる部分です。甘皮は細菌や異物を防ぐ役割を果たしていますが、しっかりと保湿されていないとささくれの原因や、爪の必要な水分を横取りしてしまう事があります。乾燥で荒れ、異常な状態だと爪が割れやすくなったり、二枚爪の原因にもなります。必要以上に広がった甘皮は、適度に処理し保湿しましょう。

爪の先端を平ら、または四角にする

爪には縦にシワが入っていることからも分かるように、縦に割れやすいです。だからこそ先端を四角や平らにすることで、ダメージが軽減されます。また割れる原因を避ける為にも、無理に爪でフタを開けたりパソコンやスマホを爪で操作せず、指の腹を使いましょう。

ネイルケア用品でシャイナーがありますが、磨きすぎて爪が薄くなりぺらぺらになる場合もあるので、甘皮処理もあわせネイルサロンにご相談ください。

当サロンでは爪の健康を大切にし、ネイルケアコースを始め、ネイルへの負担が少ないpara jelの施術を行っております。爪が薄くてジェルネイルを諦めている方や、サンディングに抵抗がある方でも安心です。多彩なデザインやカラーでネイルアート、ラインストーンも安心の価格設定です。ウェディングやパーティーなどの際もお気軽にご相談下さい。大阪でネイルサロンをお探しでしたら当サロンをご利用下さい。